「きらきら訪問ナース」養成講座

8.30.2017

聖路加国際大学に於いて きらきら訪問ナース研究会(聖路加国際大学・一般社団法人 全国訪問看護事業協会・ケアプロ株式会社)「きらきら訪問ナース養成講座」を受講しました。

きらきら訪問ナースとは、新卒看護師で訪問看護ステーションへ就職した看護師の呼び名です。

「新卒看護師を訪問看護ステーションで育てる」には…という課題に取り組みました。

この講座に参加する前は、‘訪問看護師は、臨床経験が必要である’とういう考えがどうしても頭から拭い去れませんでした。しかし、当ステーションの人材不足の問題は深刻でした。訪問看護の御依頼を頂いても、お受けすることが出来ない心苦しさは当ステーションの理念にそぐいません。今後さいたま市の高齢化率は全国水準を大幅に上回ります。訪問看護の需要は高まると予測されます。地域の皆様の一助をと成り得るためには待ったなしです。

講座に参加し、実際のきらきら訪問ナースの皆さんの成長を目の当たりにしました。なんと楽しそうに、自信を持って自己発信をしていることでしょう。

まさに「キラキラ」していました。私達が訪問看護の魅力を、新人教育を通じてきらきら訪問ナースへ伝える。きらきら訪問ナースは次のきらきら訪問ナースへ伝える。

実現すれば、人材不足は解消です。訪問看護の魅力とは、オーダーメードの看護の提供だと思います。利用者様のための看護の実践です。「オーダーメードの看護を伝えたい」その思いを新たに、きらきら訪問ナース養成講座を終えました。

平成29年度 訪問看護ステーション体験実習 埼玉県委託事業

10.10.2017

病院勤務経験看護師に小児及び介護保険利用者宅へ訪問実習をして頂きました。

実習によって病棟での看護がどの様に継続しているか、そしてそれぞれの役割を体感出来たとの感想を伺いました。お互いを知る大切な機会を頂きました。

今後も『繋がっている看護』を実践して参ります。

訪問看護に興味のある方は、随時見学可能です。ご相談ください。

第27回 日本新生児看護学会学術集会

10.12.2017

NICU看護師が知らない(かもしれない)在宅の世界をテーマにシンポジウムが開催され、弊社の塙真美子がシンポジストとして参加致しました。

近年増加している『医療的ケア児』を支える為に病院、地域が連携する仕組み作りについて会場と一緒に考える事が出来た素晴らしい時間でした。

Please reload

はみんぐ訪問看護ステーション

  • Facebook